バナー
仙台こども矯正歯科

幼児期の矯正治療


治療が特に必要と考えられる歯ならび

・下あごの前歯が上あごの前歯より前にある(反対咬合)
・右と左のかみ合わせが異なる(交叉咬合)
・上あごの前歯と下あごの前歯がかみ合っていない(開咬)
・下あごの前歯が、上あごの前歯に完全に隠れてみえない(過蓋咬合)
・凸凹がある(重度の叢生)
など

治療
・機能的矯正装置の適用

@治療法の特徴
・成長を利用して、あごの骨やお口の周りの筋肉のバランスを整えお口の環境を改善することにより、歯ならびやかみ合わせを治していきます。
・在宅時のみの使用で、取り外しができるため、お口の中を清潔に保つことができ、また痛みもあまりありません。

A治療方法
・月に1回、医院での調整
・在宅時のみの使用

B治療期間
1年強

C治療後
この時期の治療の後、年に数回のペースで経過をみていきます。
永久歯が生え始める時期に同様の装置を1年〜2年、永久歯が生えそろった後に固定式の装置で1年〜2年の仕上げの治療を必要に応じて行います。

D注意点
・保護者の方は、最初の1日2回3分間の使用ができているか見守って下さい。
・装置は取り外しができますが、在宅時使用していただくことが大切です。

治療費用(税抜き)

矯正相談料 1,000円
矯正検査料 50,000円
診断料 5,000円
基本施術料 180,000円
(装置の費用を含み、この時点での治療目標を達成するための費用)
診察料 5,000円
(来院毎にかかる費用 大体月に1回)
永久歯が生え始める時期の治療 +180,000円
永久歯が生えそろってからの仕上げの治療 +288,000円

*上記の費用は、標準的な費用です。
*矯正治療は、医療費控除の対象です。
*治療費用は、初診相談時に大体のところを、検査診断後に明確な費用をご説明します。
*使う装置、期間などの個人の状況により治療費用は異なります。
*永久歯が生え始める時期と永久歯が生えそろってからの仕上げの治療は、必要に応じて行います。

戻る

より詳しい情報はPCホームページで
医院ブログ更新しています

直線上に配置