バナー
仙台こども矯正歯科

お口の成長発育は、 生まれた段階で決まっているものと、育つ過程で決まっていくものの大きく二つに分けられます。口やあご(歯が生えている部分を除く)や歯や舌の最終的な大 きさは基本的には手術的手法以外では変えられません。しかし、口の形や、歯が生えている部分の骨の形や大きさ、舌の動きや位置、歯の生え方やかみ合わせ は、育つ過程での環境によって大きく変わっていきます。たとえば哺乳や離乳がうまくできなかったお子さんは舌の動きがうまくいかなく、前歯がかみ合わなく なることがありますし、あまり噛んでいないお子さんは、奥の歯がかみ合わないことがあります。ほかにも、指しゃぶりやおしゃぶり、ぽかんと開いた口、口呼 吸などなど歯ならび、かみ合わせが悪くなる要素はたくさんあります。そして上記の要素はほぼすべて虫歯や歯周病にも悪影響を与えます。

 そこで、
当院の考え方は できるだけ小さい頃から診せていただければと思っております。生後より決められたものは基本的に成長段階では治せませんが、育つ過程で悪化するものは早め のうちから予防していきましょう。また、装置を用いたより積極的な予防的なかみ合わせの治療は、早いお子さんで4歳前後から行っていきます。そして、ある 程度育ちあがった段階で、育つ過程では解消できない歯ならび、かみ合わせを治していきます。

 育つ過程での歯並び、かみ合わせの悪化を防ぐ治療は、基本的には
家でだけで使う取り外しのきく装置(機能的矯正装置)を使用していきます。そして、育つ過程では解消できない歯ならび、かみ合わせは、主にマ ルチブラケット装置を使用します。セルフライゲーションブラケットや審美性に配慮した装置、歯科矯正用アンカースクリューなども使用しています。

 何よりも、お子さんがすくすくと健康に育ってくれることの助けになれればと思っております。
                  
仙台こども矯正歯科 院長 水戸 智憲

戻る

より詳しい情報はPCホームページで
医院ブログ更新しています

直線上に配置